口腔ケア

障害者は、歯周病/歯肉/口腔疾患の有病率が高い傾向にあります。歯周病と診断された発達障害者は、個々のニーズに応じて年に数回、歯科医師による口腔クリーニングを受けると良いとされています。

初期予防が口腔疾患への影響を効果的に軽減することを示す証拠がますます増えています。SPRIMでは、以下の分野の有効性評価において、日々のソリューションに積極的に携わっています。

歯垢蓄積シュミレーション:

  • 虫歯予防
  • 歯肉炎予防
  • 結石形成
  • 口内細菌負荷軽減
  • 歯のホワイトニング物性テスト


our publications & case studies


Discover our latest scientific publications